具体的に何%くらいになるの?土地を売却する時の税金の数字

土地を売却する際には、実は色々な費用が発生する事になります。もちろん仲介手数料なども、その1つです。少なくとも不動産業者に対しては、手数料は払う事になるでしょう。
それだけではありません。税金なども、コストの1つになるのです。基本的には、20%程度の税金になります。
土地を売却した時には、いわゆる譲渡所得と呼ばれる区分になります。ですから確定申告をする際には、その所得で手続きを進める事になるのです。
それで具体的な税率ですが、まず所得税は15%程度になります。それに加えて住民税も支払う事になり、たいていは5%程度なのです。ですから両者を合計すると、おおむね20%という目安になります。
しかし、全ての方々に対して20%が適用されるとは限りません。土地を保有していた期間によって、その数字も変わってくるからです。
というのも人によっては、土地を短期間で保有しています。長期とは限らないのです。
それで保有期間が短い時には、上記よりも高めな税率が適用される事はあります。ですから土地の税率が具体的にどれ位の数字になるかは、状況次第ではあります。その辺りの詳しい数字は、やはり税務署などに確認をした上で、納税をしていく事になるでしょう。
http://www.the-original.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です